蕪水亭の料理|飛騨古川 料理旅館「蕪水亭」

料理の紹介

今日飛騨の代表的な家庭料理となった『朴葉味噌』の発祥が当館であることは知られていません。創業以来飛騨古川の食文化の先端を自負してきた当館の店主は地元の食材を使い、地元の口に合った料理を常に追及し、今では『飛騨牛』をはじめ地場食材を使い四季に応じたお料理でのおもてなしを心がけています。

当館は代々、主人自ら包丁を把ることをおもてなしの心としており、お料理は四季 折々の飛騨の山河がもたらす自然の恵み、 特に旬のものを素材に選び、ご用意させて頂いております。

朝ごはん

朝ごはんは、赤蕪の漬け物、菜の花、ゴボウのキンピラ、大鉢には煮物がたっぷり。火鉢で炙られて、香ばしい匂いを上げているのは朴葉味噌。

火鉢で炙られて、香ばしい匂いを上げているのは当館発祥の「朴葉味噌」です。

焼物

焼物は、ニンニクの芽を巻き込んだ飛騨牛の陶板焼き。ジューシーな肉に、刻んだサツマイモの揚げ物を天盛りにしてある。

『飛騨牛』をはじめ地場食材をふんだんに使ったお料理

その他の料理

  

岐阜県で盛んに養殖をしているというアメリカナマズ

盛り合わせ

薬草料理の盛り合わせ

食前酒は地の吟醸酒

盛り合わせ

薬草料理の一例

食前酒は地の吟醸酒

盛り合わせ

薬草料理の一例

食前酒は地の吟醸酒

盛り合わせ

薬草料理の一例

食前酒は地の吟醸酒

盛り合わせ

薬草料理の一例

食前酒は地の吟醸酒

PAGETOP

PAGETOP

PAGETOP

PAGETOP

PAGETOP

PAGETOP

PAGETOP